先日、雇用しました。

新天地では仕事柄、筆鉛筆で字を書くことが時々あります。

これが僕には苦痛でたまりません。

と言うのも、必ず僕、キーワードが汚らしいんです。

小学校の位から、「父親みたいなキーワード」と言われてきました。

単に練習しなくても上手な者は腹いっぱい巧妙だ。

聞けば、親がきれいなキーワードを書くとの状況。

キーワードも遺伝するんですね。

これまでは何でも端末で見込める年代ですし、キーワードが汚くても関係ないや、と気楽に考えていたんですが、仕事を変えてからそれほどもいかなくなりました。

随分通信教育の筆鉛筆授業も仲間入りしようかと考えたのですが、元来これは教材に沿って練習して、誰かに添削してもらうだけです。

それなら自分で市販の教材を購入して成長するのと、同じではないでしょうか。

につき、書店で教材を購入しました。今日頑張って練習しています。

コメント

コメントを受け付けておりません。